ザ・釣りグ

ターボの釣りブログ


湯の湖用スプーン増えました

どうも、ターボです。

 

中古釣具店を巡っていたらまた買ってしまいました。

 

f:id:ta-box:20201029193013j:image

 

 

湯の湖の定番、リバーオールドのベスパ5gともう1つの5gスプーン。

トラウト用にベイトフィネスタックルを導入してから、スピニングでやっていた頃より比較的重めのスプーンまで対応できるようになりました。

 

そんな時にこのスプーン達を見つけて、赤金だし湯の湖にちょうどいいじゃん!となって購入。

中古にしてはちょっと高いなぁとも思いましたが、新品買うよりは安いので良しとします。

 

湯の湖のニジマスは基本的にボトムちょい上にいるため、ボトムまで沈めてやるのがキモ。

着水後はボトムまで早く到達させたいが、あまりルアーが大きすぎると釣れる魚も絞られそうなので、僕の経験上5gあたりがちょうど良い感じがします。

重すぎると動きも鈍くなりますしなぁ。

 

エリアロッドでは少々重いであろう5gですが、ベイトタックルで扱うならかなり快適!

 

僕の湯の湖のスタイル最適解はベイトタックル×5gスプーンですね!

基本トラウトってみんなスピニング使ってるんで、湯の湖でベイトなんて投げてると変わった目で見られるかもですがね…。

 

ベイトタックルってロッドとラインの距離があまり離れず、手の中にリールが収まることでよりダイレクトなやり取りを楽しめるんですよね!

スピニングで起こる糸よれもほぼ無いですし、割と太めのラインでも扱いやすいです。

管釣り用の小型クランクなんて、スピニングで投げた時より飛行姿勢が安定してちょっと飛距離のびましたから。

僕はスピニングより好きですね。

 

 

湯の湖は10月に禁漁期間に入ったのに、もう来年5月の解禁が待ち遠しい(笑)