ザ・釣りグ

ルアーハンターTakaの釣りブログ


自分の物への過大評価に気付く

シーバスルアーを手放そうと考えてから、ネットオークションにルアーを出品しています。

 

しかし、全然売れません。

 

f:id:ta-box:20190907055906j:image

 

僕は1年ほど前からネットオークションでの出品を始め、これまで釣り具も含めて様々な物を売ってきました。

お店の店舗買取に持ち込むよりも値段が高く、割とサクサク売れるのですっかりハマっていました。

 

しかし今回、自分のお気に入りルアーを売ろうと思ってから全然うまくいきません。

 

今までは手放そうと決めた物を部屋の角にまとめて置き、売れていく度に「もうこんなに減ったのか」と、手放す過程を視覚的にも楽しんでいました。

 

ところが、これが減らないとこにより、手放したいのに思うように減っていかないというストレスを感じるようになってしまいました。

 

 

そして原因を考えました。

 

夏休みが終わった時期的なもの、平日だからなど、売れない事には色々な要因があると思いますが、まず1番は値段が高いのではないかと気付きました。

 

自分のお気に入りを売ろうとしているため、物の価値を過大評価してしまっているのではないかと。

自分の中では大事な物なので、その価値に合う高い値段を付けましたが、市場から見るとその物にはそこまでの価値は無いのかも知れませんね。

 

手放すと決めてもまだ、その物に執着している自分を見た気がします。

 

世間は断捨離って言葉を捨てると同意義で使いますけど、本当はこういう感情を手放していく事なんだなと解釈します。

 

 

オークションの値段、下げようかね。