ザ・釣りグ

ルアーハンター ターボの釣りブログ


今年2度目の湯の湖

28日の日曜日、湯の湖へ弾丸釣行に行ってきました。

 

午前0時頃に家を出て早朝4時頃にいろは坂付近で仮眠し、8時頃から釣りを始めるというスケジュール

道の空いている夜中に移動するのがポイントです。

 

去年の湯の湖釣行ではほとんど仮眠せずに、日の出から夕方まで釣りしてたんで、それに比べたら少し落ち着いたかな笑

 

朝一にレストハウス付近の砂浜から釣りを開始!

熱帯低気圧の影響で雨が予想されたためか、日曜日にしては釣り人は少なく、10人ちょっとでした。

早速隣で釣りをしていた少年にヒット!

スプーン投げてたみたいですが、足元にはぶどう虫の容器が。

その後も周りは釣れない中、その少年だけ連発…

どんな釣りをしていたのか気になるところでしたが、釣り方を真似するより自分のスタイルで魚を釣りたかったのでポイントを移動。

 

遊歩道の整備された林を歩きながら、釣りができそうな場所をスプーンで撃っていきます。

 

そして3ヶ所目にして放流ニジマスの溜まっているポイントに遭遇!

1投目から2バイト!

合わせを入れて足元まで寄せるもバラし。

その後もフォールするスプーンにバイトするほどのお祭り状態にもかかわらず、寄せてからのバラし連発

結局3匹連続でバラしました…

これでも針先は全然鈍ってないんですよ?

 

このままでは今晩のおかずが無い!ということでスプーンのフックをすぐさまチェンジ!

バラしが連発したノーマルのフックから、最近流行りのフッ素コーティングフックに変えて再チャレンジ!

 

これが大正解

ボコボコと掛かり、その後同じポイントで5匹を釣り上げました。

 

f:id:ta-box:20190730200528j:image

 

バラしもなく、ニジマスの硬い顎をガッツリ捉えてました。

刺さりやすいフックは抜けやすいとも言われますが、ノーマルフックより刺さるって点で十分メリットだと思いますな

いや〜フックって大事ですね!

実感しました。

(その後スプーンのフックは全部フッ素コーティングの物に交換されたのであった)

 

 

晩飯のおかずが確保されたことで安心して昼間の放流に臨みましたが、夏で水温が高いのか全然釣れず。

魚も夏バテしてるんだね

 

そして日曜日の次は月曜日ということで、仕事に支障が出ないように昼12時半頃に撤収しました。

 

夕方に家に帰ってきたとはいえ、流石に片道約5時間の運転は疲れる。

正直睡眠も足りてないし。

翌日の仕事中に立ったまま寝落ちしそうになった事はナイショです笑