ザ・釣りグ

ルアーハンターTakaの釣りブログ


これはおすすめ!拾ったルアーの洗浄方法

ルアーフィッシングをしていると、根掛かりなどでルアーをなくすことがありますよね。

ルアーは基本的に新品で1個1,000円以上するため、消耗品とはいえ意外と金銭的ダメージが大きいものです。

 

では逆にルアーを拾った経験はありますでしょうか。

釣りをしていたら足元にルアーがぷかぷか浮いていて、それを拾ったなどなど

水中で根掛かりしたルアーの針は、時間が経つと錆びて形が無くなります。

引っ掛かっていた針がなくなると、浮力のあるルアーの場合はそのまま浮いてきます。

風や波などで障害物からルアーが外れて漂流する場合もあるでしょう。

 

僕はブログに書いている通り、しばしばルアーを拾います。

僕にとってルアーは比較的高価なものですし、どんなルアーでも拾えることは素直にうれしいです。

また微々たるものかもしれませんが、拾うことで釣り場に放置されるゴミも減ることになります。

でも拾ったルアーは自然の中に長時間放置されたものが多いため、大抵はひどく汚れています。

人によっては見つけても汚いからと目もくれない方もいるかもしれませんが、上手に洗ってあげるとまるで新品のように輝くルアーだったなんてこともあります。

 

ここではそんな汚れたルアーの効果的な洗浄方法をご紹介します!

時間をかけて汚れを落としている方、必見です!

※自己流の洗浄方法ですので、実行する際は自己責任でお願い致します。

 

 

用意するもの

手袋

f:id:ta-box:20190211130007j:image

 

ここで紹介する方法はケミカルを使用するものですから、安全に行うために手袋を着用します。

手袋は水を通さず破れにくいものならなんでもよいでしょう。

キッチン用のポリエチレン手袋などはすぐ穴が開いてしまうため不適です。

ちなみに僕はホームセンターなどで売っているビニール手袋を使用しています。

100円程度で購入できますし、使用後は洗って乾かせばまた使用できるので経済的です。

 

ブラシ

f:id:ta-box:20190211124056j:image

 

ルアーの細かい凹凸に入り込んだ汚れを落とすためにはブラシが最適です。

ナイロンブラシのような毛の硬いものだとルアーを傷つける可能性があるため、歯ブラシがちょうどよいと思います。

 

プライヤー・ニッパー

f:id:ta-box:20190211130019j:image

 

拾ったルアーには針が付いている場合があり、洗浄の際に邪魔になるため外さないといけません。

その際にあると便利なのがこの工具です。

アイがしっかり残っている針はスプリットリングプライヤーで外し、錆びてボロボロの針ならニッパーで挟んで壊します。

 

容器

f:id:ta-box:20190211124322j:image

 

ルアーを洗う際にケミカルを留められる容器があると便利です。

これはなんでもよいですが、小型のタッパーなどが使いやすいでしょう。

蓋があると更にいいです。

 

洗浄方法

下準備

まずはルアーの付属品を外して洗いやすくします。

ラインが付いている場合は切り、スナップ等も外します。

フックも外しますが、スプリットリングは開きや変形がなければそのままでよいです。

拾ったルアーのフックは大抵傷んでいるため、洗浄後に新品を取り付けるのがよいでしょう。

スプリットリングはあまり洗浄の邪魔にはなりませんし、付けておくことで一緒に綺麗に洗えます。

 f:id:ta-box:20190211124521j:image

 

水洗い

付属品が取れましたら、水で軽くすすぎます。

葉っぱや砂等のゴミが取れれば十分です。

お湯でもよいのですが、水とお湯のどちらで洗っても効果に変わりはない気がします。

 

鉄粉除去剤

f:id:ta-box:20190211124541j:image

 

ルアー洗浄の要となるのがこちら、鉄粉除去剤です。

主な成分をチオグリコール酸アンモニウムといいまして、酸化物を還元させる効果があります。

主に車のボディに付着した錆びた鉄粉を除去するもので、僕が使用しているのも車用です。

ルアーの場合はフックのもらい錆や、黒く汚れた箇所によく効きます。

 

鉄粉除去剤というものであればメーカーは問いませんが、ピットワークのものが安価で実績もあるためおすすめです。

界面活性剤も含まれているため、汚れ洗浄の効果もあります。

 

作業方法

鉄粉除去剤はアンモニウムという名前だけあって、独特の臭気があります。

屋外で使用するのがよいでしょう。

 

洗浄前のルアー

f:id:ta-box:20190211124840j:image

 

まずは手袋を着用します。

水を軽く切って容器にルアーを入れ、鉄粉除去剤をかけるように数回スプレーします。

鉄粉除去剤は粘度があるため、スプレーでもストレートで出ます。

容器に溜まった鉄粉除去剤を歯ブラシでルアーにまんべんなく塗り伸ばします。

 

1分ほどでルアーの汚れと反応し、鉄粉除去剤が紫色に変色し始めます。

f:id:ta-box:20190211124637j:image

 

毒々しい色ですが、こういうものですので問題ありません。

 

変色したらまた容器の鉄粉除去剤をブラシで軽く塗ってと数回繰り返します。

5分ほど作業して、水で流せば大抵はきれいになります。

f:id:ta-box:20190211124723j:image

 

それでも汚れが気になるようでしたらブラシでこすってみたり、一度容器ごと洗い流して再度鉄粉除去剤をスプレーし、紫色に反応するかどうかを見るとよいでしょう。

鉄粉除去剤が透明のままで紫色に反応しない場合は、鉄粉除去剤で落とせる汚れは落ちきったということです。

 

 

 

 

注意点

鉄粉除去剤は独特な臭気があるため、換気の良い屋外での作業を推奨します。

またスピナーベイトのブレードなどのメッキ系パーツは、メッキがはがれる可能性が高いため、数十秒の使用に留めた方がよいと思います。

実際ブレードのメッキが剥がれたり、洗面台の栓のメッキも剥がれてしまった経験があるため、鉄粉除去剤を使用する際は十分注意して使用しましょう。

その他、使用する際はボトルの注意書きをよく読み、安全に使用しましょう。

 

植物系の汚れには

汚れには種類があり、鉄粉除去剤では落ちないものもあります。

その一つが、コケやのろなどの植物系の汚れです。

ブラシで地道にこすってもなかなか取れず、時間ばかりかかってしまいます。

そこで使用するのが「スクラビングバブル 超強力トイレクリーナー」です。

f:id:ta-box:20190211125555j:image

 

こちらはブラシのいらないトイレクリーナーということで、擦らなくても汚れを溶かし落としてくれます。

ただ本来の使用用途ではないため、使用する際は自己責任でお願い致します

 

作業方法

先ほど同様に手袋を着用し、水を軽く切ったルアーを容器に入れてクリーナーをかけます。

このクリーナーもハイターのような臭気がありますので、換気のよい屋外での作業を推奨します。

このクリーナーはアルカリ性であり、さきほど使用したアンモニア系の鉄粉除去剤と混ざると有毒ガスが発生する恐れがあります

このクリーナーを使用する際はルアーや容器、手袋、ブラシをよく水で洗い流してから使用してください。

これもブラシを使用してルアーにまんべんなくクリーナーを塗り、しばらく放置します。

擦る必要はなく、様子を見ながら時間を調節します。

汚れが溶けてきれいになるまで時間がかかる場合は、容器に蓋をしてクリーナーが乾燥しないようにするとよいでしょう。

 

クリーナー洗浄前 

f:id:ta-box:20190211125052j:image

 

クリーナー洗浄後

f:id:ta-box:20190211125328j:image

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジョンソン スクラビングバブル 超強力トイレクリーナー 本体400g
価格:158円(税込、送料別) (2019/2/11時点)

楽天で購入

 

 

注意点

このクリーナーはブラシを使用しない事となっている商品のため、ブラシで塗り伸ばす際は飛沫が飛散しないように注意しましょう。

汚れを溶かして落とすものですので、ブラシで擦る必要はありません。

万が一目に入ってしまった場合などには、商品裏面の注意事項をよく読み、適切に対処してください。

またこのクリーナーはプラスチック製品への使用を前提としていないため、変形・変質等がないとは言い切れません。

特にエラストマー等のソフトプラスチックには試していませんのでご注意ください。

 

それでも落ちない場合には

上記の洗浄方法を試してみてもまだ汚れが落ちないという場合もあります。

そのときは僕は爪で擦ってみて、物理的に落とせる汚れかどうかを判断します。

爪で擦って落とせる場合には、地道にカリカリと爪で落とします。

もし沈着しているような汚れならそれは取れないので、あきらめます。

 

メラミンスポンジを使って落とすという方法もありますが、あのスポンジは研磨剤と同じ役割をしているため、ルアーの表面を削り取って汚れを落とします。

クリア層を剥いで艶をなくしてしまうだけでなく、最悪塗装まで削ってしまいます。

上記のケミカルを使用した方がきれいに傷つけることなく汚れを落とせますので、僕はメラミンスポンジはあまりお勧めしません。 

 

洗浄後の処理

f:id:ta-box:20190211125447j:image

洗浄が終わったらコーティングをしてあげると、より艶が出てきれいに仕上がります。

こちらも車用の簡易コーティング剤を使用しています。

スプレーして拭くだけで艶が出てつるつるになります。

興味のある方はお試しください。

 

コーティング使用前

f:id:ta-box:20190211142853j:image

 

コーティング使用後

f:id:ta-box:20190211142915j:image

 

 


 

 

最後に 

自己流ですが、拾ったルアーの洗浄方法はいかがでしたでしょうか。

僕はこの洗浄方法を見つけてら、とても簡単にルアーの洗浄を行っています。

以前は歯ブラシに石鹸を付けてひたすら擦っていましたからね・・・

この方法ならほとんど待っているだけで汚れが落ちるので、時短にも繋がります。

興味のある方にぜひ試してみてもらいたい、効果のある洗浄方法となっております。

 

ただ冒頭でも書きましたが、作業する際は自己責任でお願いします

商品の本来の使用方法とは異なる使い方をしていますので、条件によっては何が起きるか分かりません。

安全対策をしっかりとして、気を付けて作業にあたってください。

 

皆様の役に立つ洗浄方法であれば幸いです。

ありがとうございました。