ザ・釣りグ

ルアーハンターTakaの釣りブログ


ミニマリストになって変わった事

僕はミニマリストを目指して行動してきて約3年経ちますが、今回はこれまでの生活の中で変わった事を書いてみます。

 

f:id:ta-box:20181225230649j:image

 

 

メリット

掃除が楽になった

僕の中で一番大きく変わったのは掃除の時間と手間です。

以前部屋の掃除機がけは一週間に一度ほどで、ベッドの下やテレビの裏などは掃除機が入らないため、ほこりが溜まっていてもそのままでした。

部屋の模様替えで家具の移動でもしないかぎり、そのほこりは出てこないからいいかと放置していたんですね。

 

現在はというと、物がなくなったため掃除機がけが数分で終わります。

ベッドやテレビなどの大型家具もなくなり、ほこりの隠れる場所はほとんどなくなりました。

 

  

目の前の事に集中できる

ミニマリストになると物理的に空間がすっきりするため、気持ちもすっきりする感じがします。

また実際物が少なく作業スペースが片付いていると、その分物事に集中できて効率も上がります。

雑念を取り払いたいと思う方は、断捨離から始めてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

出費が減る

電化製品などを断捨離した場合には、その分電気代もかからなくなります。

ミニマリストになるため断捨離した後は、物を増やさぬよう必要最低限のものだけ取り入れるため出費が減りました。

また今あるもので代用できないか工夫するようにもなりました。

 

 

高級志向になる

普段物を増やさないようにしている反面、必要なものを買うときは高級志向になる場合もあります。

気に入ったものだけを持ちたくなるため、多少値が張ってもいいものをと思ってしまいます。

でも高級品は基本的に作りがいいため、長持ちしやすくて結果的に節約に貢献してくれたりもします。

 

 

デメリット

物が散らかっていることがストレスになる

友人の家に遊びに行ったときなどに、片づけられない人の部屋だと居心地の悪さを感じる事もあります。

 

他の人の領域まで気になってしまう

両親の部屋なんかは、散らかっていると片づけてしまいたくなります。

しかしこれは個人の価値観の違いなので、やってはいけませんね。

 

でも最近は自分の生活域の断捨離が熟成したようで、他の人の領域は気にならなくなりました。

許容できる余裕が生まれたって感じですかね。

 

 

以上、僕なりのミニマリストになって変わったことでした。

以前はミニマリストというワードをネット検索すると「ミニマリストになると幸せになれる!」みたいな記事も見て、そんな訳あるかい!宗教チックだなと思った記憶があります(笑)

今でも ミニマリスト=幸せ、みたいな極端な表現は嫌いですが、ミニマリストになっての身軽さも実感しており、このスタイルはいいものだなと思います。