ザ・釣りグ

ルアーハンター ターボの釣りブログ


不具合はどう?シマノ 18ステラ2500Sのインプレッション

僕が現在使っているスピニングリールは18ステラです。

過去には15ストラディックや16ストラディックCi4⁺、17コンプレックスCi4⁺なども使用してきましたが、道具をミニマル化するために売却して18ステラ1機に置き換わりました。

もともと飽き性ですぐ新しいリールに目移りしていたため、シマノのフラッグシップモデルであるステラを持てば他のリールなんて欲しくなくなるんじゃないかという発想です(笑)

 

購入から約2ヶ月が経過したということで、実際の使用感などをレビューしていきたいと思います。

f:id:ta-box:20190106143112j:image

 

18ステラ レビュー 

巻き心地

これは皆さん一番気になるところですね!

さすがシマノの最上位モデル、巻き心地は極めてなめらかです。

マイクロモジュールギアⅡを搭載しているため、コリコリといったギアが噛んでいる感じがしません。

友達にも回してもらいましたが、「巻いてる感じがしない」と言っていました。

ただ村田基さんが言っていたような、ちょ~ぬるぬる~ といった感じは僕は受けませんでした。

なめらかなんですが、サテン生地を撫でるような精密な巻き心地です。

まぁサテン生地撫でたことないんですがね(笑)

 

デザイン

ここはきっと好みが分かれます。

僕は大好きですよ、このシンプルなデザイン。

ボディの凹凸を最小限に抑えつつも、車のキャラクターラインのような線を付けてメリハリを持たせているところがGoodです。

ベール回りの造形なんか、のびやかで上品に表現されてますよね。

ドラグノブまでも、片側に切れ込みを入れるという計算されたこだわり!

切れ込みが無かったら野暮ったい感じになって、このシャープ感は出せませんよ。

 

塗装

これも賛否両論ありますね。

僕は好きです。

前作の14ステラと比べたら色合いがだいぶ大人しくなりましたが、金属の塊のような無機質感がよく出ていると思います。

光沢があるのにメッキとは違う落ち着いた輝きで、高級腕時計なんかを連想させます。

鏡面のような塗装のため、使用しているうちに小傷がついて目立ってしまうのは避けられませんがね。 

 

ベール音

18ステラはベールが戻った時の音が重厚です。

HAGANEボディーとローターの強度からくる、バチッというしっかりした音を奏でます。

これが一眼レフカメラのシャッター音みたいで心地いいんですよね。

そしてシマノリール全般に言えることですが、ベールのバネが結構強いです。

ダイワユーザーからするとびっくりするくらい戻りが強いと思います。

指はじいたらしびれますよ、ええ。

 

ドラグ

ドラグの滑り出し性能は文句なしになめらかです。

テンションに応じて チリ・チリ・・・・チリ と正確にラインが出てくれます。

高級リールの性能の差を見せつけられました。

 

ドラグの調整幅はとても広いです。

ドラグノブを少し締めこんでも、テンションは強くなったがまだラインが出るといった感じでテンションの微調整ができます。

ドラグロックさせたいときには思いっきり締めこめばガチガチにしまりますので、その点は問題ありません。

 

サイレントドライブ

ボディ全体の基本設計、駆動関連部品をひとつひとつ見直し、部品間の微細なガタ、隙間、揺れを細部に至るまで徹底的に排除する技術だそうです。

シマノリールでこの技術が搭載されているものは今のところ18ステラだけです。

正直結構期待していたんですが、これはすごい!というほどの感動はありませんでした。

リールを持って縦に振っても音がしない、という謳い文句を聞きましたが、微細なカタカタ音はあり完全無音ではなかったです。

またハンドルガタも徹底的には排除できていません。

普通のリールに比べたら確かに段違いの精密さですが、全くガタがないかと言ったらそんなことはないです。

たくさんの部品の集合体なので精度を出すことにも限界があるとは思いますが、技術特性としてあげるくらいだからさぞ凄いのかと。

ここは期待し過ぎました。

 

 

約2ヶ月使用してみて

18ステラはルアーを巻いてみると、巻き感は軽いのに力強いという不思議な感覚です。

巻き抵抗のほとんどないメバル用ジグヘッドを巻いているときなんか、ハンドルをから回ししているかのように軽いです。

かと思えば、いざ魚がかかるとガッチリしたボディーで受け止め、ハンドルを巻く力もロスなく伝達してグイグイ巻いてこれます。

車でもそうですが、精密さや力強さを最大限に生かすには、力を受け止める堅牢なボディーが必要ですよね。

18ステラを使用しているとそのことをより実感させてくれます。

 

釣りをしていてリーリングのなめらかさがアドバンテージになるかは僕には分かりませんが、使っていて心地の良い道具ということは確かです。

 

ただ1点気になる事が。

実は2週間ほど前に、部屋のフローリングの床に1mくらいの高さからリールを落としてしまいました。

スプールを持っていたらドラグノブが緩んだままになっており、すぽっと本体が抜け落ちてしまって。

ボディの後ろ側から落下したので本体に傷はありませんでした。

床と僕の心は少しへこみましたが・・・

 

それからというもの、なんだか以前の巻きのなめらかさが失われたような気がするんですよね。

わずかにギアのざらつきを感じるというか。

メーカーオーバーホールとか出したら改善されるのかな~

巻き心地に対してシビアになりすぎってのもありますが、なんだか気になってすっきりしない今日この頃です。

 

初期不良はあったのか

結果的に初期不良はありませんでした。

僕は安いという理由から、ネット通販で18ステラを購入しました。

事前情報では初期ロットに不具合が多いだとか、店で実際に触ってから買うべきなどいろいろなことが書かれていました。

不安になりながらも届いた品を開けて巻いてみたら、なんかシュルシュルいってる・・・

これが初期不良ってやつなのかと心配になりながらも、巻き心地には違和感なし。

せっかく買ったんだし使ってみようとなり、実際に使用することに。

シュルシュル音は釣行2回ほどで馴染み、ほとんど音はしなくなりました。

今思うとこれは初期不良じゃなくて、ボールベアリングなどの各機関が馴染んでいないために起こるものだと思います。

みなさんも新品ステラで気になることがあるかもしれませんが、巻き心地に違和感がないなら問題ないと思います。

 

不良品の話はごく一部であっても、その製品全体にマイナスなイメージを植え付け付けがちです。

18ステラも例外ではなく、検索ワードを見ると「18ステラ 不具合」などとトップに出てきてしまい、あたかも不具合が多いように受け取れてしまいます。

僕は今回実物を選ばずにネットで購入しましたが外れ個体ではなかったですし、今は18ステラも発売から約10ヶ月が経過しています。

リールの組み立てに慣れていない初期のロットに比べたら、今は不良品にあたってしまうリスクは思っているより低いのかもしれません。