ザ・釣りグ

ルアーハンター ターボの釣りブログ


目も日焼けする アウトドアで活躍する偏光グラス TALEX

皆さん目の日焼けって気にしてますか?

実は目も肌と同じように紫外線によるダメージを受けます。

目の角膜に紫外線が当たると炎症を起こし、目の痛みや充血などの症状が出る場合があります。
そしてこのダメージは受け続けると蓄積され、最悪目の細胞を破壊してしまいます。

そんな目に悪影響を及ぼす紫外線をカットするには、サングラスが有効なんです。

今回はそのサングラスの中でも釣りやドライブ、日常使いなど幅広く活躍する偏光グラスをご紹介します。

f:id:ta-box:20181229185211j:image

 

 

1、偏光グラスとは?

偏光グラス(偏光サングラス)とは、水面やガラス面などの余計な反射を抑えてくれるサングラスです。

2層構造のレンズの間に反射光をカットする特殊なフィルムを入れることで、ギラギラした光をカットしてクリアな視界を得ることができます。 

 

偏光グラスのレンズには特性による種類があり、可視光透過率とレンズ色のバランスで最適用途が変わってきます。

可視光線透過率は言葉の通り、レンズを透過する光の量を数値で表したものです。

数値が高いほど光を取り込む量が多くなり、見え方も明るくなります。

逆に数値が低いと光を取り込む量は少なくなり、眩しい時などに性能を発揮します。

晴れた日のドライブには可視光透過率の低いもの、などと使用用途によって選ぶとよいでしょう。

 

また上記の他に、偏光度という性能の値もあり、これは雑光のカット度合いを数値で示しているものです。

数値が高いほど歪みが少なく疲れにくくなり、逆に数値が低いほど歪みが大きくなり疲れやすくなります。

ちなみに偏光度の最大値は99%です。

 

レンズ色はメーカーによってラインナップが異なりますが、大きく分けて3種類ほどあります。

 

グレー系

グレーは一番オーソドックスな色で、裸眼で見ているような自然な色味で見ることができます。

スポーツやドライブに向いていると思います。

 

レッド・ブラウン系

こちらは物体の輪郭をより強調して見えるため、水中を見るときに適しています。

釣りや水中の水草の鑑賞によいでしょう。

 

グリーン・イエロー系

このレンズ色は基本的に可視光透過率が高く、周囲を明るく見せる効果が強いです。

日の出、日の入りの薄暗い時間帯や、光量の少ない曇りの日に活躍します。

 

 

2、偏光グラスの視界

偏光グラスが普通のサングラスと違う点は、その見え方です。

普通のサングラスは主に暗いレンズを備え、眩しさを抑えてくれます。

それに対して偏光グラスは眩しさだけでなく、反射によるぎらつきも抑えます。

例えば水面

偏光グラスを通すことで水面の反射が抑えられ、水中の状況がより鮮明に見えます。

 

車の場合

フロントガラスの反射を抑えることでダッシュボードの写り込みも見えにくくなり、よりクリアな視界を得られます。

また対向車のガラスの反射も抑えてくれるため、疲労の軽減にもつながります。

 

3、おススメの偏光レンズメーカー

おススメしたいのは、世界で唯一の偏光サングラス専門メーカー「TALEX」

あの釣り業界で有名なサイトマスターもこのTALEXレンズを使用しています。

僕もこのメーカーのレンズが付いたサングラスを持っており、釣りとドライブに使用していました。

あまりの使い勝手の良さから、今はもう一本購入して車用とアウトドア用を使い分けています。

噂によるとこのTALEXの創業者、錦鯉の鑑賞が趣味であり、水面の反射を抑えて錦鯉をよりきれいに見たいという理由から偏光レンズを開発したという話も。

開発理由がそれなら、水面と向き合う釣りという用途に適していないわけがないですよね!

 

歪みのない自然な視界、ぎらつかないのに暗くなりにくい。

その性能は確かなものです。

 

talex.co.jp

 

 

4、こんなサングラスは良くない

サングラスといっても、中には数百円で買える安価なものもあります。

その中でも特にレンズがUVカットでないものは、使用しない方がよいでしょう。

サングラスの暗いレンズにより目の瞳孔が開いて、レンズが紫外線を通してしまうために裸眼の時よりも目にダメージが及ぶ恐れがあります。

他にも安価なものは偏光度が低かったり、レンズに歪みがあって不自然な見え方をしたりと目に良くないこともあります。

実績のある名の知れたメーカー品を選ぶのがよいでしょう。

 

5、より効果的な使用方法

サングラスは構造上、目とレンズの間に隙間ができます。

紫外線は直射だけでなく反射や斜めからのものもありますので、正面からの紫外線を防げてもこの隙間からも入ってきます。

この紫外線を防ぐために有効な手段は帽子を被ることです!

上から日陰を作ってできるだけ紫外線の侵入を防ぎましょう。

 

さらにやるならフェイスマスクも付けると良いでしょう。

ただ、サングラスに帽子、フェイスマスクまで付けると完全に不審者です(笑)

実際僕はこのスタイルで湖で釣りをしていましたが、トレッキングや観光客に挨拶してもほとんど返してもらえませんでした。

怪しさMAXですもんね。

 

以上、偏光グラスのおススメでした。

今はまだ街でサングラスを付けていると「かっこつけてる、気取っている」などと思われるかもしれません。

しかし、これからは紫外線を防ぐため、目を守るためにサングラスは常識化していくのでないでしょうか。

人目を気にせず着用できる、そんな人が増えるとよいですね。 

 

ご覧いただきありがとうございました。