ザ・釣りグ

ルアーハンター ターボの釣りブログ


「仕事は人だ」の真意 社会人数年目なりの考え 

僕は社会人になって6年目になります。

 

工場勤務として会社に入り1年目のとき、仕事を覚えて慣れるまでの大変さに疲れていました。

 

それを誰かに相談したくなり、当時34歳の職場の優しい先輩に仕事ってなんなんですかねと質問してみると、その先輩は、「仕事は人だよ」と答えました。

 

当時の僕は仕事はお金・仕事は労働だという概念が強く、それを聞いたときも職場の人間関係の話なのかとしか思っていませんでした。

そもそもこの質問に正解はなく、確かにそれも正しいと思います。

 

 

それが最近考え方が少し変わってきました。

僕が興味を持っている人に、ミニマリストのしょっぴんさんという方がいます。

この方はのんびりミリオネアを目指しており、そのために教育ビジネスや輸出ビジネス、YouTube活動などを行っています。

 

 

 

この方の動画を拝見している中で、ビジネスは人が大切だとおっしゃっていたことが印象強く残っています。

 

人のために何かを教える、人の喜ぶことをする

そんな、人に求められ感謝される事をするのが仕事のありかたなのだなと、社会人6年目にしてやっと気づかされました。

 

 

直会社員をやっていると、目の前の与えられた仕事を処理することにしか目がいかず、このビジネスの基本を実感しにくいと思っています。

f:id:ta-box:20181225142244j:image

 

 

人のために何かを提供し感謝され、会社の制約に縛られずにのんびりと、しょっぴんさんのようなライフスタイルに憧れます。

 

 

今後の人生をより良い方向にしたいと思いながら、もがいてます。