ザ・釣りグ

ルアーハンターTakaの釣りブログ


ゆるミニマリストを目指したきっかけ

こんばんは

 

僕は自称ゆるミニマリストです。

 

ミニマリストにあこがれており、一般の人から見ると所有物が少ないのですが、ガチのミニマリストと比べたらそこまでストイックじゃないという位置付けからこう呼んでます。

 

 

 

そもそもミニマリストとは?

 

ミニマリストとは、簡単に言うと最小限主義の人だそうです。

必要な物は人それぞれ違い、その必要な物のみを所有する生活スタイルですね。

 

あれはみんな普通に持ってるよね!という言葉の「普通」が通用しない人かなと思っています(笑)

 

 

 

数年前に片付けの心得として断捨離という言葉が普及しましたが、その後を追うようにミニマリストという言葉も普及しました。

 

言葉自体は昔からあったんですかね?ちょっとそのへんはよく分かりません。

 

 

 

 

 

僕がミニマリストというスタイルに出会ったのは、出勤前に見たNHKミニマリストの特集でした。

 

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」の著者である佐々木典士さんの部屋が映っており、窓や床になにもなくとてもすっきりとした部屋は衝撃的で、憧れました。

 

それを見て以来、モデルルームのような部屋に住みたい、できるだけ物を手放して身軽になりたい!と思い続けて断捨離すること3年経ち...

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ta-box:20181223175658j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:ta-box:20181223175642j:plain

 

僕の部屋はこうなりました。

 

家族には病気なんじゃないかと心配されております(笑)

大丈夫です!いたって正気です

 

 

 

 

ビフォー写真が無いのが残念ですが、こうなる前はラグマットがあり収納棚が2つあり、テレビとスピーカーとテレビボードが ベッドが などなど、たくさん物がありました。

 

 

でもこの写真が持ち物全てではなく、クローゼットの中には洋服、バッグや釣具などが見えないように入っています。

 

 

 

 

僕はもともと掃除好きのめんどくさがりという不思議な性分でして、昔は掃除の度に家具を移動してということをしていました。

しかし、掃除を簡単にできる!というメリットに気づいてからの家具の断捨離は加速しました。

 

 

家具を手放す度に家族から、もったいない、せっかくお金出して買ったのに売っちゃうの?など言われましたが、僕自身は今の環境にとても満足しています、はい